ブラック・レイン

2つのブラックレイン

我が家には2つブラック・レインがある。


もちろん、上映当時 劇場の大スクリーンで優作さんの怖ろし過ぎる演技を観て 脳も身体も震え上がった記憶が今でもしっかり残ってますが、

向かって左は 大好きな高倉健さんがお亡くなりになられた直後に購入したDVD

そして右は 今週購入した定期購読している松田優作DVDマガジンVol.16がブラック・レイン

実は両方まだ観ることが出来てません。

字幕を追ってのんびりと観ている時間がなかなか取れないので 今だに観れてませんが、ブラック・レインには色んな思い出が詰まっているので 自分の中では絶対的作品。

撮影中に使われた銀行の金庫は 協和銀行・元町支店(現在:りそな銀行)でした。

撮影は昭和63年10月

当時私は 協和銀行・明石支店に勤務していました。

私は40年前から大の健さんファンだったので 元町支店でブラック・レインの撮影が行われる事を聞きつけて 良いなぁーー良いなぁーーの発狂寸前でした(大笑^^)

それが、その翌年昭和64年10月に 私、元町支店に転勤になりました。

転勤直後 同僚から「エッチャン、1年前に転勤してきてたら健さんのサインもらえていたのにーーーー」っと言われながら 健さんとみんなが写っている写真やテレフォンカードを見せてもらって 

あぁーーーーーーーーーーーーーーーーエッチャン、も健さんに会いたいーーーーーーー!!

っと強く強く心の中で思うようになりました。

するとその数年後、5年後くらいだったでしょうか?

大好きなParisの街を一人でぶらぶら歩いている時に、マレ地区の大好きなラ・ドログリーへ入ってビーズを選んでいる時に 猛烈なオーラが漂った方が私の目の前にいらっしゃるではありませんか!!

け・け・健さん!!

思わず 私、バシッと健さんの肩をふれてしまって

「健さんですか?」っと尋ねると

「いえ、違います。」っと仰いました。

が 

あの声、あの言い方、あのお顔 あのお姿、赤いスイングトップにすらっとしたデニム姿

健さんです!!

お付の方が後ろにいらっしゃいましたが にっこり微笑んでくださいました。

私は 昔から こうなれば良いな・・っと心に強く強く思うと 不思議と何年後かに思いが叶うのです。

何でも願いが叶う訳ではありませんが 猛烈に強ーく念力入った時は 本当に驚くような不思議な事が起こるのです。

その分、本当に恐ろしい目に遭ったり 殺されそうになったり 死にそうになったり 酷い目にあったりと マイナスな事が度々起こる、良い事以上にマイナスな事は起こりますが その反対にびっくりするような事も突然舞い込んでくる運命の持ち主のようです。

人生+-ゼロと言いますが 本当にその通りだと思います。

人間、死ぬとき 自分の人生を振り返って

あぁ・・苦しい事もいっぱいあったけれどこの人生を選んで 意外と楽しかったよね^^っと思えるように 今は必死で自分道を走っている真っ最中です。


そうそう 高倉健さんに偶然にお会いできた後、次は

正和さまに会いたいーーーーーーーーー!!(田村正和さまです。)

っと 天に向かって叫んでみましたが

そんな事、そう簡単に度々起こるわけがありません(笑)

正和さんはTVで拝見させていただいております^^


ブラック・レインは 優作さんの最後の作品となりました。

アンディ・ガルシアの机の上には 優作さんと一緒に撮った写真がいまでも飾られていると耳にしました。

はぁ・・・・・・・・・・・・

仕事が一段落すれば 何にも考えずに字幕を追いながらブラック・レイン

観てみたいな。っと考えてます。

etsuko


全体をブルーと白でまとめたパールリボンのGジャンを着たFENDIちゃん。

これからの季節にぴったりな爽やかなマドモアゼルです。

「直接オーダーによるマドモアゼル」です。

ご希望の場合はお問合せくださいませ。


Etsuko

0コメント

  • 1000 / 1000