葛飾北斎も愛した「巴錦」

とても珍しい古典菊を観ることが出来ました。

巴錦


この「巴錦」(ともえにしき)は、花びらの内側が深紅、外側が黄金色の大変豪華な色が特徴の古典菊です。

 現在栽培されている観賞菊の寿命は意外に短く、ほとんどの品種は10年以内に名前が消えてしまいます。これは花が小さくなったり、さし芽しても発根しにくい、草丈が伸びにくいなど、育てにくくなって、もとの美しさがなくなり、育てる人がいなくなるためです。

 「巴錦」は葛飾北斎も好んだ菊だったらしく、北斎筆と言われている絵の中に、確かにこの菊と思われる花が描かれている。このことから130年以上の寿命を保っていることが推定されます。

 昔、加賀のお殿様が参勤交代の途中、長野県の小布施に立寄られ、そこに飾られていたこの菊を大変お気に召して、名前をたずねられたが答えられなかったので殿様は、これより「巴錦」と呼ぶように、と命名されました。このため地元の人々はこの菊を「殿様菊」と呼ぶようになったそうです。



1つ覚えることが出来ました。お勉強、お勉強。


こういう事が沢山覚えて行きたいですね。


全体をブルーと白でまとめたパールリボンのGジャンを着たFENDIちゃん。

これからの季節にぴったりな爽やかなマドモアゼルです。

「直接オーダーによるマドモアゼル」です。

ご希望の場合はお問合せくださいませ。


Etsuko

0コメント

  • 1000 / 1000